時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ

時間貸し
駐車場経営
安定収入のススメ
あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す

コインパーキングへの転換で駐車場経営を成功させよう

土地オーナーのイメージ「親や親族から相続した土地があるけど、どう使おう」「持っている土地に家を建てたいけど、今すぐには難しいなぁ」こんな土地をお持ちの方、駐車場経営で固定資産税対策しませんか?

使っていない土地は固定資産税を取られるだけで、もったいないですよね。そんな土地の有効活用方法として、コインパーキングへの転換がおすすめ。実績豊富なコインパーキング運営会社と契約すれば、土地オーナーであるあなたは、何もしなくても月々一定額の収入が得られる可能性があるのです。

このサイトでは優良なコインパーキング運営会社を厳選して紹介しています。また、土地をコインパーキングへ転換するメリットを始め、気になるお金の話や基礎知識、他の土地活用方法との比較もしています。

活用方法が見出せない土地をお持ちの方、コインパーキングへの転換で安定収入を得ようと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

あなたに代わって駐車場経営をしてくれる
おすすめのコインパーキング運営会社BEST5はこちら

駐車場経営のメリットとデメリット

土地活用で手軽に始められる駐車場経営。しかし、経営の種類や立地条件によっては利用者が集まらず、赤字経営になってしまう可能性があります。駐車場経営のメリットとデメリットをおさえて、かしこい駐車場経営をしましょう。

駐車場経営のメリット

1.比較的いろんな土地にでも対応可能

建物を建てるだけの広さはない土地や変形地でも、ロープで仕切りを作ってしまえば駐車場になります。地面形状がアスファルトタイプや砂利敷きなどでも、対応できるのが駐車場経営の魅力です。

2.初期費用の負担がほとんどない

コインパーキングだと業者に土地を貸すだけなので、資金0円から始められてとても手軽です。

3.土地活用の転用・撤去が容易

駐車場にしていた土地を、売却や建築をするなど転用予定がある場合でも、少額・短期間で撤去ができます。

駐車場経営のデメリット

1.収益率が低い

アパート・マンションの建設といった他土地活用と比較すると、少額の資金で始められるものの、収益額が低くなります。

2.車離れや景気の変動に左右される

地域にもよりますが、車の維持費削減・ガソリン代高騰の関係により、車を手放して公共交通機関を利用する方が増えています。

3.立地によって向き不向きがある

車の出入りがスムーズに行えない、周辺に集客施設がない、車・人の往来が少ない場合は、駐車場立地条件として不向きでしょう。

これだけは知っておきたい駐車場経営の基礎知識

駐車場経営を始めるなら、必要な土地の広さ、運営方法、必要な資格や登録などの基礎知識について知っておきましょう。

必要な土地の広さ

乗用車を1台停めるために必要な広さは、7坪が目安です。単純計算をすると、約100坪の土地を所有している場合、14台の車を停められることになります。ただ、間口の広さや土地の形状などによって、駐車可能台数は変わってくるので注意しましょう。
多くの人が思っているよりも、乗用車を1台停めるために必要な広さは大きくありません。14坪~21坪の土地で、時間貸し駐車場経営を成功させた事例もあります。ですから、活用に悩むような狭小土地でも駐車場経営を始めることは可能なのです。

自己経営と運営委託どっちがいいの?

駐車場経営の運営方法には、「自己経営」と「運営委託」の2種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分に合った運営方法を見つけましょう。

1から自分で始める「自己経営」

自己経営とは、自己資金を用意して、設置から運営まで自分で行う運営方法です。土地の舗装、機械の設置、料金回収、保守点検、防犯対策など、こなさなければならない業務は非常にたくさんあります。そのため、駐車場経営に関する専門知識や経験を持っている人に向いている運営方法と言えるでしょう。最大の魅力は、設置から運営まで上手く行うことができれば、高い収益を得られることです。

【自己経営に向いている人】

・駐車場経営のノウハウを持っている人

・自己資金を用意できる人

・運営業務をこなす体力がある人

専門会社に任せる「運営委託」

運営委託とは、駐車場経営に関する業務を専門会社に任せるという運営方法です。土地のサブリース契約を結び、専門会社から毎月賃料を受け取るような仕組みになっています。自分で機械を購入したり設置したりする必要がないので、少額の資金で始めることが可能です。
また、専門会社は料金回収、駐車場の清掃、トラブルの対応など運営に関わる全ての業務を代行してくれます。そのため駐車場経営とは別に仕事をしていて、時間がない方でも運営できます。

【運営委託に向いている人】

・初期費用を抑えたい人

・駐車場経営の関する知識や経験がない人

・仕事や趣味に時間を費やしたい人

資格や登録は必要なし

駐車場経営に関する資格制度や登録制度はないため、「手続きに手間がかかる」「経営を始めるまでに時間がかかる」などの心配はありません。土地を整備して、準備が整えば、すぐに駐車場経営を始めることができます。
基本的に地目変更の届出も必要ありませんが、一部例外として約150坪以上の大規模な駐車場の場合は、安全上の問題から自治体への届出が必要になるので注意しましょう。

駐車場のタイプ

駐車場には、「平面駐車場」「立体駐車場」「月極駐車場」「時間貸し駐車場」「日貸し駐車場」など色々なタイプがあります。土地の広さや形などによって、適した駐車場のタイプは変わってくるので、自分に土地に合った駐車場のタイプを探してみましょう。

平面駐車場

平面駐車場とは、平面に駐車スペースを確保した駐車場のことです。敷地内に駐車スペースを確保しただけの青空駐車場と、軽量鉄骨の柱にとたん屋根がついた屋根付広場式に大別できます。建物の地下平地に駐車枠を引くだけで始められるので、機械購入の費用がかからず、初期費用もメンテナンス費用も安いです。土地面積によって収容台数が決まるので、所有している土地が広い場合に向いています。

立体駐車場

立体駐車場とは、建築物や機械によって立体化させた駐車場のことです。目的の場所まで自走して駐車する自走式立体駐車場と、昇降装置を使って車を各スペースに収容する機械式駐車場の2つに大別できます。

前者は、自走して駐車するので管理人が不要で、後者は狭小地でも多くの台数を収容できるという特徴があります。平面駐車場よりも、経営効率は高いですが、初期費用の額も大きいため本格的に駐車場経営に取り組む方に向いています。

 

月極駐車場

月極駐車場とは、月単位で契約して、駐車スペースを貸し出す駐車場のことです。不動産会社に手数料を支払い、借り手の募集や契約などの仲介を依頼するのが一般的です。長期的に契約するケースが多いので、借り手が見つかれば、安定して収入を得ることができます。
また、住宅街でも商業地のどちらでも運営しやすいというのは大きな強みでしょう。借り手が見つかれば、安定した収入を得られる月極駐車場ですが、借り手が減ると経営が厳しくなります。そのため借り手が見つかりやすい都市部や人口が多い地域で経営する際に向いています。

時間貸し駐車場

時間貸し駐車場とは、無人精算機を設置して、時間単位で駐車料金が決まるタイプの駐車場です。車止めと無人精算機を設置すれば始められるので、

「乗用車1台分のスペースしかない」「土地の形が複雑」などの状況でも問題ありません。月極駐車場の空き枠を、時間貸し駐車場にするというケースも多いです。

時間貸しだと得られる収入が少ない印象がありますが、次々と利用者が訪れるようなニーズが高い地域なら高収入を稼ぐことができます。商業施設や娯楽施設などが近くにある場合、駅前や街の中心部にある場合などが向いているでしょう。

日貸し駐車場

日貸し駐車場とは、1日の料金を設定し、利用時間に関係なく1度駐車する毎に1台分の料金が発生するタイプの駐車場です。平日は時間貸し駐車場を行い、土日祝日だけ日貸し駐車場で運営する方法もあります。駐車場が少ないオフィス街や住宅街など、滞在時間が長くなりやすいエリアに向いています。

月極駐車場VSコインパーキング どっちがいいの?

条件にもよりますが、コインパーキングがおすすめです。月極駐車場は機械を導入する必要がない、先払いなので未払いが起こりづらいなど良い面もあります。

しかし、1台1ヶ月2万円としても収益は2万円と収入の上限が低く、空きが出た場合はさらに不安定。一方、コインパーキングは利用者が多ければ多いほど高収入になり、12時間の営業で、駐車料金を1時間100円と見積もっても月に3.6万円の収益となります。

またトラブルの際には、月極駐車場が不利です。契約者の駐車スペースに他人が駐車した際も早急に対応が求められますし、駐車料金の不払いも大きく影響します。以上のことを踏まえて、コインパーキングが優勢であるといえるでしょう。

遊休地をコインパーキングに転換するメリット

初期投資がほとんどなくローリスク

多くのコインパーキング運営会社は駐車場への転換予定地を一括で借り上げるため、土地のオーナー(貸主)は初期投資や開業準備の負担がほとんど必要なく、ローリスクで始められます。

更地復帰が容易で、転用しやすい

コインパーキングは借地権や営業権が生じない一時使用目的での賃貸借形態のため、その土地の転用目的、例えば家を建てたい場合でも、事前に通告すれば簡単に契約解除でき、スムーズに土地を返還してもらえます。

使いづらい土地でも有効活用できる

運営会社によっては車1台しか停められないような狭い土地や三角地、起伏があるなど、使い道が限られる・見出せない土地でも有効活用できます。

事故やトラブルの心配もなく、安定収入が得られる

月極駐車場のように自身で駐車場を管理・経営していると、場内での事故やトラブルによって対応に駆り出されることがあります。その対応に時間がかかってしまうと、自分の時間が削られてしまうことも……。その点、コインパーキングであれば運営・管理を行うのは全て運営会社なので全く手がかかりません。土地オーナーは敷地を提供するだけでよく、あとは毎月支払われる賃料を受け取るだけでOK。

また、月極駐車場では1台分であっても解約が発生すると収入が減ってしまいますが、コインパーキングでは駐車場利用者の数や売上に関係なく賃料が入る「月額固定払い」が一般的。そのため運営・管理の不安や問題を抱えることなく、一度オープンしたあとは自身が解約するまで安定した収入を受け取り続けられるのです。

経営を成功させるにはまずここをチェック!

固定資産税を払うだけになっている土地を安定収入が見込めるコインパーキングへ転換するためには、コインパーキング運営の優良会社を探すことが必須。その他にも土地活用のための基礎知識や、気になるお金の話なども知っておくといいでしょう。このサイトではそれぞれについて詳しく紹介しています。

安心して土地を任せられるコインパーキング会社リスト

遊休地や空車が続く月極駐車場をコインパーキングへ転換する際、強力な味方になってくれるのがコインパーキング運営会社です。あなたの大事な土地を安心して任せられる会社5社をピックアップして比較している他、計12社の情報を詳しく紹介しています。各社のサポート体制やオーナーの声はしっかりチェックしましょう。

コインパーキング運営の優良会社を
知りたい方はこちら

駐車場経営にまつわるお金の話

コインパーキングへの転換をするにあたり、一番気になるのがお金にまつわる話ではないでしょうか。遊休地や月極駐車場をコインパーキングにすると収入はどの程度増えるのか、税金面では得なのか損なのか、どのような土地が儲かるのか、開業前にどのくらい準備が必要なのかなど、気になることを一挙にまとめて紹介します。

コインパーキングが本当に儲かるのか
気になる方はこちら

コインパーキングとして土地活用するための基礎知識

持っている土地をコインパーキングとして有効活用するための基礎知識をまとめています。コインパーキングの運営会社に土地を貸し出すまでの流れや会社ごとに異なる運営方法の種類、契約する運営会社を選ぶポイント、知っておきたい用語集をまとめて紹介します。

コインパーキングの基礎知識を
知りたい方はこちら

安心して駐車場経営を任せられるおすすめのコインパーキング運営会社BEST5はこちら


※このサイトで紹介している内容は個人的に収集・調査した2015年11月時点の情報を基にしています。
実際の月額賃料や契約期間などは、掲載企業に必ず確認し、ご自身が納得されてから契約を結んでください。

 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ