あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ » コインパーキングとして土地活用するための基礎知識 » 運営方法の違い

運営方法の違い

駐車場経営には「自己運営」または「一括貸し」という方法があります。どちらの運営方法が良いのか、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

駐車場経営の運営方法

ひと口に駐車場経営といっても、運営方法には大きく分けて2種類があります。

(1)全てを自身で運営(自己運営)

土地のオーナーが自己資金を使って、設置から運営まで全てを自身で行う方法です。一部は自身で、一部は駐車場管理会社に委託というスタイルもありますが、“設備一式を自己負担する”ということが共通点となります。

(2)全てを駐車場管理会社に委託(一括貸し)

駐車場の運営を駐車場管理会社に全て委託して運営をお願いする方法です。土地のオーナーは土地を一括貸しして、賃料を毎月受け取ります。役所への各種届出を含む運営のすべてを駐車場管理会社が行ってくれるので、とてもラクチンな方法です。

(1)と(2)、それぞれの方法のメリットとデメリットを知っておき、どちらの運営の方が良いのかを選びましょう。

自己運営と一括貸しのメリット・デメリット

(1)全てを自身で運営(自己運営)

【メリット】

  • 全て自分で管理するため、工夫次第で売上を伸ばせる
  • 売上が上がればそのまま収益もアップする

【デメリット】

  • コインパーキングに必要な設備や整備など、初期費用を全額用意する必要がある
  • ランニングコストも自己負担
  • 駐車場の清掃やメンテナンスも自己対応が必要
  • トラブル発生時や緊急時には時刻を問わず対応が必要
  • 駐車場の売上が収入に直結し、最悪の場合、その駐車場では無収入ということもあり得る。
(2)全てを駐車場管理会社に委託(一括貸し)

【メリット】

  • 毎月安定した賃料収入が見込める
  • 初期費用の自己負担がほとんどない
  • ランニングコストは運営会社が負担
  • 清掃やメンテナンス、トラブル対応も全て任せられる
  • 専門知識がなくても駐車場オーナーになれる

【デメリット】

  • 自身によって売上を伸ばせず、賃料以外の収入はない

ポイントは「リスク」と「収益性」

自己運営と一括貸しの大きな違いは、初期費用です。自己運営の場合は土地を整備したうえですべての駐車場機器を購入しなければいけないため、多額の初期費用が必要になります。また、利用客の呼び込み・促進や料金の回収、設備の保守点検、防犯対策、トラブル対応まで、すべて(もしくは一部)をオーナーさんが行わなければならないため、毎日忙しく働かなければいけなくなります。

さらに、それだけ手間と資金をつぎ込んだとしても、売上が少なければ収益が出ないどころか赤字になってしまいます。

一方、コインパーキング会社へ一括貸しをした場合は、土地のオーナーは何もすることがありません。駐車場の経営に関わるすべてのことは土地を貸したコインパーキング会社が行うため、自己資金を用意する必要がなく、リスクも少なく済みます。そして、最も大きな特徴は、何もしなくても毎月安定した賃料を受け取れるということ。

遊休地をコインパーキングにしてしまえば、これまでに払い続けていた固定資産税を払ってもお釣りが来るケースもあるのです。

「本格的に駐車場経営でビジネスをしたい」「経営で成功して利益を上げていきたい」という方なら自己運営も良いですが、「空いている土地を手軽に活用したい」「土地はあるけど資金はない」と言う場合は確実に収益を望める一括貸しがおすすめです。

優良コインパーキング運営会社3選

ユアー・パーキング
ユアー・パーキング
ユアー・パーキングへの
お問い合わせはこちら
タイムズ24
タイムズ24
タイムズ24への
お問い合わせはこちら
アイペック
アイペック
アイペックへの
お問い合わせはこちら
 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ