あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す

パーク24株式会社

駐車場経営会社「パーク24」の駐車場経営サービスにフォーカスしてご紹介。会社の歴史や特徴についても詳しく紹介しています。

駐車場の運営形態・サポート

駐車場経営の歴史が深い東証一部上場企業

パーク24株式会社の前身である株式会社ニシカワ商会は1971年に創業。駐車場関連機器の製造・設計施工・販売を目的として誕生しました。その後、1985年に駐車場の保守および運営管理部門を分離独立させて設立されたのがパーク24株式会社です。2000年には東京証券取引所市場第一部に上場し、現在は全国各地に事業を展開しているパーク24グループの統括・経営企画・管理を手掛けています。グループ連結従業員数は5,870人にものぼるとのこと(2020.4.30現在)。駐車場経営の歴史が深い大手企業なので、駐車場経営のサポート力・ノウハウにも期待ができそうです。

「サブリース方式」と「管理受託方式」を用意

パーク24株式会社は2タイプの運用形態を用意。パーク24グループが土地を一括で借り上げて駐車場を運営する「サブリース方式」と駐車場の管理業務のみパーク24グループに依頼する「管理受託方式」です。サブリース方式は駐車場解説にあたり必要な設備の準備まですべてパーク24が負担。オーナーの収入はパーク24グループに提供している土地の定額賃料となります。管理受託方式は、面倒な管理業務のみパーク24グループに依頼して、経営方針・戦略・設備の用意等はオーナーが負担。やや手間はかかりますが、駐車場の売上はオーナーに入り、その一部を管理委託金としてパーク24グループに支払うことになります。駐車場経営に割ける時間やコスト、思い描いている運用方針などに合わせて好きな方を選べるのです。

国内外に展開しているタイムズの時間貸し駐車場設備

パーク24株式会社の時間貸し駐車場事業は、グループ会社である「タイムズパーキング24」が手掛けています。黄色い看板に黒字で「Times」と書かれたコインパーキング、車に乗る方なら誰しも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。北は北海道から南は沖縄まで、全国各地に展開しているほか、海外にも展開しており知名度が高いため、駐車場を探している方の目に止まりやすい・利用されやすい可能性があります。

注目のコインパーキング経営サポート会社を比較!

会社概要

会社名 パーク24株式会社 (登記上 パーク二四株式会社)
創業 1971年
本社 東京都品川区西五反田2丁目20番4号
対応エリア 47都道府県
実績 2万件・75万台設置(2019年10月末時点)
契約台数 敷地面積による(間口約5m、奥行き約6mから駐車場として契約可能)

パーク24株式会社に向いているのはこんな人

パーク24株式会社は、駐車場経営の歴史ある頼れる会社に依頼したい、知名度の高い会社の設備を導入したいと考えているオーナーにおすすめです。

また、全国各地にサービスを展開している会社なので、都市部以外に土地をお持ちで土地活用として駐車場経営をお考えの方でも相談しやすいのではないでしょうか。

優良コインパーキング運営会社3選

ユアー・パーキング
ユアー・パーキング
画像引用元:ユアー・パーキング公式HP(http://www.ypark.co.jp/)
初期費用 0円
※一部負担で賃料上乗せ例あり
狭小地
1台から対応可能
ユアー・パーキングの
公式サイトで詳しく見てみる
三井のリパーク
三井のリパーク
画像引用元:三井のリパーク公式HP(https://www.repark.jp/)
初期費用 負担あり
(建物解体・舗装・外構)
狭小地
20坪~対応可能
三井のリパークの
公式サイトで詳しく見てみる
タイムズ24
タイムズ24
画像引用元:タイムズ24公式HP(http://www.times24.co.jp/)
初期費用 負担あり
(※要相談:舗装)
狭小地
1台から対応可能
タイムズ24の
公式サイトで詳しく見てみる
 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ