あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ » 土地活用の方法ごとにメリットを比較

土地活用の方法ごとにメリットを比較

土地活用にはコインパーキングの他にもさまざまな方法が考えられます。売却やアパート経営、信託の場合などを例にコインパーキング経営との比較を紹介します。

土地活用は種類ごとに収益性や実現性が異なる

一口に土地活用といってもさまざまな方法が考えられ、それぞれのリスクや実現性、収益性も異なります。そのため、どの程度の初期費用を準備できるか、どのくらいの収入を目指すのか、自身で管理まで行えるかなど、あらゆる面でニーズに合った方法を選ぶ必要があります。

土地を含む現在の資産状況や、立地条件なども運営方法の選択に影響します。どのように活用するかを見極めたうえで、現状に合った最適な土地活用の方法を探しましょう。

主な土地活用の種類は

一般的な土地活用方法としては、土地を欲しがっている人や不動産会社に買い取ってもらう「売却」や、土地の一部所有権を不動産会社に提供し、不動産会社が建てたマンションの一部権利を手に入れる「等価交換」、30年や50年といった期間を設定して土地を貸す「定期借地」、賃貸住宅を建てて入居者に貸す「アパート・マンション経営」、企業や店舗に建物を建てて貸す「ビル経営」、土地を信託会社に貸し出して、建物ごと変換してもらう「不動産信託」などがあります。

その中でもリスクや難易度を考えて、検討しやすいのは「売却」「アパート経営」「貸す・信託」の3つではないでしょうか。どの土地活用法にも良いところはありますが、「とにかく安定した収入が欲しい」「将来の収益を見込んで経営をしたい」など、運用する側の希望はさまざまです。

自身がどのように考えているかによって選ぶべき土地活用方法も変わるので、じっくりと見比べることが大切。皆さんが納得して選べるよう、「売却」「アパート経営」「貸す・信託」というそれぞれの方法についてメリット・デメリットを調べ、コインパーキングとして活用した場合と比較をしています。

どの土地活用の方が良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ