あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ » 駐車場経営にまつわるお金の話

駐車場経営にまつわるお金の話

駐車場経営にかかるお金の話をまとめて紹介します。収入面や儲かる秘密、開業前に必要な資金など、覚えておきたい内容です。

駐車場経営の“お金”について

駐車場経営をするにあたり、気になるのは“お金”です。使っていない土地を活用したいと思っても初期投資が多ければ回収できないリスクも抱えますし、思っている以上に集客が上手くいかなければ一定の賃料とはいっても、賃料を下げられてしまうのでないかと不安がつきまといます。

まず気になるのが収入面でしょう。遊休地をコインパーキングにした際にどのような収入が入るのかは契約したサポート会社が提示した賃料により異なります。良い土地で高めの賃料になる場合もあれば、難しい土地で低い賃料になることもあります。「いくら収入が欲しいか」など譲れない点を契約前に確認しながら話し合うことが大切です。

どんな経営にも開業前には資金がかかるのが一般的ですが、コインパーキングはオーナー側に負担がないという一括借り上げを提案するところが多くあります。初期費用がかからないのでオープンしやすく、毎月一定賃料が得られるとあって、コインパーキングはローリスクローリターンで確実に収入があるのが魅力です。

他にも気になる点としては、土地の固定資産税です。更地だった場合は良いのですが家が建っている場合、コインパーキングへ転用すると固定資産税がアップします。税金が増えて毎月の賃料を足してもマイナスになってしまう場合は、契約はしない方が無難だったりもするので、担当者とよく条件を擦り合わせることが大切です。

このカテゴリでは上記のようにさまざまなお金の話を集めています。コインパーキングにまつわるお金についての不安は、ぜひここでスッキリさせてください。

駐車場経営で知っておきたい収益やかかる費用などについて

実際に駐車場経営を始める際にしておきたいお金の話は、初期費用から収入、支払う税金など多岐に渡ります。それぞれの項目ごとに、しっかりとコストや収入に関する知識を身につけて確かな駐車場経営への道を一歩先に進めてみましょう。また「どんな駐車場が収益を上げやすいのか」「月極とコインパーキング、どちらが自分の土地にあっているのか」も検討し、より良い駐車場経営を目指してみてくださいね。

収益はどのくらいあるか

駐車場経営を考えた時にやっぱり気になるのが「収入がどのくらいあるか」という点です。

今ある土地を使って駐車場にした場合の月収や理想的な収益モデルを具体的な数字とともに見ていきましょう。何事も、新しい土地活用を始める際には、きちんとキャッシュフローと収益見込みを立てることが大切。すでに月極駐車場にしているという方も、コインパーキングにした場合との収入の違いを見直してみてもよいでしょう。

コインパーキングをフランチャイズで始める際にも情報収集はできますが、いざ行動に移す前に知っておきたい、なかなか人には聞けない駐車場経営の実際を詳しく解説いたします。

収入はどのくらいあるかについて
知りたい方はこちら

儲かる駐車場の条件とは

駐車場経営では、候補となる土地の条件を客観的に把握してニーズを予想。土地にあった駐車場のスタイルを検討することがマストです。利便性や車の駐車/出庫しやすさ、安全性の高さ、回転率などから見る経営効率の良し悪しなど、儲かる駐車場経営ができる土地の条件を一緒に整理してみましょう。

もちろん、立地や安全面などの条件が良くても、周囲に駐車場がすでに多いエリアなら、需要と供給バランスや他の駐車場との差別化などもきちんと考えなければいけません。客観的に、候補としている土地が駐車場経営に向いているかどうか自信が持てない場合には、コインパーキングをフランチャイズで展開しているパートナー企業に検証をお願いするのも一つの手。早速儲かる駐車場の条件をチェックしてみましょう。

儲かる駐車場の条件について
知りたい方はこちら

開業前に必要な費用

いざ駐車場経営をしようと決めたら、次は必要な初期費用をしっかり把握し、準備を始めましょう。コインパーキングの開業には、土地の整備や看板・照明の設置、精算機やロックプレートの工事費用などがかかります。

なんとなく、で準備を始めてしまえば「意外とお金がかかるんだ!」と思ってしまうことも。一つひとつ初期投資として準備が必要な項目を整理してみましょう。できるだけ経営リスクを少なく駐車場経営を始めたいなら土地オーナーとして駐車場のパートナー会社に土地を一括借り上げしてもらうのも一つの方法。毎月固定の収入が見込めるだけでなく、開業前に必要な費用も負担してもらえるケースがほとんどです。

開業前に必要な費用について
知りたい方はこちら

コインパーキングにしたときに税金はやすくなる?

土地を所有していると、必ずかかる固定資産税や都市計画税。これらの税金をただ払うだけでは収支がマイナスになってしまうという理由から遊休地を駐車場として使おうと考える方も少なくありません。

では実際に固定資産税や都市計画税は、更地のまま(もしくは空き家がたったまま)にしている場合と駐車場にした場合でどのように変わるのでしょうか。特に注意が必要なのは、予定する土地に家が建っていて「住宅用地の課税標準の特例」措置を受けている方。駐車場にすることで固定資産税がかえって高くなるケースもあるのです。

だからこそ、見込み収益と固定資産税をしっかり把握しておくことが大切。実際の固定資産税がどう変わるのかという事例とともに詳しく解説します。

コインパーキングにしたときに税金はやすくなるかについて
知りたい方はこちら

月極VSコインパーキング

駐車場経営には「月極駐車場」と「コインパーキング」、2つの方法があります。月極駐車場は、利用者と賃貸契約を結ぶため毎月安定した収益が上げられるというメリットがある一方で、滞納発生時のリスクや空きが出た場合に収益にならないというデメリットが考えられます。

駅近など好立地なら、利用者も多く、回転率も高くなるコインパーキングのほうが収益を上げられるというケースも。また、コインパーキングの管理会社と契約すれば、一括借り上げ契約など収益の入り方・メンテの負担度合いなども選択肢が広がります。メリットの多いコインパーキング。他にどんなメリットがあるのかをみていきましょう。

月極VSコインパーキングについて
知りたい方はこちら

駐車場経営で知っておきたい収益やかかる費用などについて

駐車場経営を始めるとき、まず意識したいものが「必要経費」について。土地を所有していない場合は新たに土地を取得するための費用がかかりますし、土地を持っている場合はきれいに整備して駐車場にするまでの費用がかかります。さらに運用後の管理費や、駐車場経営を終えてからの費用などそれぞれに費用がかかるため、コストに関する知識をしっかりと身につけておきたいところ。駐車場のサービスが軌道に乗るまでに必要な設備費用も把握して、運用をスタートさせましょう。

駐車場経営で知っておきたい収益やかかる費用などについてについて
知りたい方はこちら

優良コインパーキング運営会社3選

ユアー・パーキング
ユアー・パーキング
画像引用元:ユアー・パーキング公式HP(http://www.ypark.co.jp/)
ユアー・パーキングへの
お問い合わせはこちら
三井のリパーク
三井のリパーク
画像引用元:三井のリパーク公式HP(https://www.repark.jp/)
三井のリパークへの
お問い合わせはこちら
タイムズ24
タイムズ24
画像引用元:タイムズ24公式HP(http://www.times24.co.jp/)
タイムズ24への
お問い合わせはこちら
 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ