あなたの代わりに駐車場経営をする
コインパーキング事業者とは?
土地活用のメリット比較!
  • コインパーキング VS 売却
  • コインパーキング VS アパート
  • コインパーキング VS 貸す
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ » 数分で不安要素解消!駐車場経営でよくあるQ&A » 好きな経営方法を選ぶベシ!

好きな経営方法を選ぶベシ!

駐車場経営を検討するにあたり、土地はあるけど始め方が分からないという人は少なくありません。ここでは、そのような人とって有益な情報をまとめました。

駐車場経営の始め方を要チェック!

Q:駐車場の経営方法がわかりません!

A:コインパーキングの駐車場経営を始めるのであれば、大きく分けて2つの方法があります。

まず一つ目が、運用会社と契約するという方法です。所有している土地を運用会社に預けて運用してもらうという方法で、管理の手間がかからないというメリットがあります。駐車場の設計や、場内の清掃や、設備のメンテナンスや修理、問い合わせの対応などを代行してもらうことができます。

ただし、売り上げのなかから手数料や運営費を支払う必要がありますので、収入は少なくなります。運会社によって料金プランや受けられるサービスにも違いがありますので、しっかり比較してから選びましょう。

もう一つは、管理や運営を全て自分で行うという方法です。手間はかかるものの、収入は全て自分のものになりますので投資効率は高まります。

しかし、経験や知識が一切ない状態でいきなり駐車場経営を始めると失敗するリスクが高いので、初めて駐車場運営をする際には運営会社に相談してから行う方がよいでしょう。

Q:駐車場経営は個人か法人のどちらの方法が儲かるの?

A: 駐車場経営の方法として考えられる個人経営もしくは法人経営という選択肢。

法人経営とは、会社や店舗が保有する社有地をコインパーキングとして使用する方法です。一方、個人経営とは個人が所有する土地を活用して、運営会社に委託しながら一括借り上げ、もしくは自主管理で駐車場経営をする方法。
税金面、経費面、初期費用ごとに、法人経営と個人経営の違いを考えてみましょう。

例えば法人経営の場合。駐車場経営により営業時間外でも収益が出されるため、当然事業収益は上がります。そのため、売り上げに応じて収める毎年の法人税は駐車場経営をする前と後では、駐車場経営分の収益が増えた分、当然税額は高くなります。
しかしながら、駐車場の経費や税金など売り上げに対して出て行くお金を考えたとしても、夜間の防犯対策や不法投棄対策として考えれば安いと感じられることも。小売店なら、駐車場の無料時間をお買い物してくれた金額に合わせて変えるなど、お店の販売戦略にも活用できるでしょう。

一方、個人経営の場合。個人が所有している土地を有効活用するという意味合いで駐車場経営をするわけですから、当然個人の所得税が売り上げに応じて高くなります。駐車場運営の経費や初期費用については、法人経営と個人経営でそれほど差はありません。

例えば1時間200円、最大10台駐車できるコインパーキングを経営した場合。単純に駐車場経営による売り上げは、平均利用時間2H、1日の平均利用台数10台だったとしても1ヶ月のコインパーキング収益は12万円。ここから駐車場設備のメンテナンス費用や、運営会社に運営を委託すれば依託費が差し引かれます。

このように、駐車場経営で大きく収益に違いが出る要因は、個人経営か法人経営かではありません。
大きな要因は「一括借り上げ方式」にするか、「自主管理にするか」どうかです。

一括借り上げ方式とは、コインパーキング運営会社が土地を借り上げ、駐車場に必要な機器設置工事や毎日のメンテナンスなどを代行してくれる方式。オーナーは毎月一定の賃料収入が得られ、コインパーキングの駐車場経営の手間が限りなく少なくなるというメリットがあります。また、諸費費用がかからないのも良い点と言えるでしょう。一括借り上げ方式のデメリットは、どんなに稼働率が高いコインパーキングだったとしても、毎月の収入に上限があり、実際の稼働収益よりも手にする収益額が少なくなってしまうケースもあるという点です。

ある程度稼働率も見込めて、コインパーキングの運営・管理負担も厭わないという場合なら、自主管理方式も選択肢に入れてみましょう。自主管理方式は、コインパーキング運営会社と提携し、初期費用を自己負担で導入する経営方式。日々の管理運営もオーナー自身が行なうこともありますし、運営会社によっては売り上げから管理運営費とフランチャイズ料を差し引き、残りの売り上げは据えてオーナーの取り分とするところもあります。
自主管理の良さは稼働した分だけ収益が増え、経営効率が高い点ですが、管理運営の手間がかかる、収益が安定しないなどのデメリットも考えられます。

総合して考えてみると、自主管理か一括借り上げ方式か、どちらを選ぶにせよ、まずはコインパーキングにしようと予定している土地の駐車場ニーズを見極め、自分がどの程度管理運営に関われるのか、安定性重視か経営効率重視かを総合的に判断することが大切。
駐車場経営のパートナー企業の中には、一括借り上げ方式と自主管理方式、どちらにも対応してくれる会社があります。
こうした柔軟な対応をしてくれる会社を選べば、とりあえずは一括借り上げ方式でコインパーキング経営をスタートし、稼働率などの状況を見ながら自主管理にするかどうかを判断するという方法も。

会社によっては契約期間が2年など短めの会社もありますので、まずは一括借り上げ方式でやってみて駐車場経営の手応えを確認してみても良いかもしれませんね。

コインパーキング運営の優良会社BEST5はこちら

優良コインパーキング運営会社3選

ユアー・パーキング
ユアー・パーキング
画像引用元:ユアー・パーキング公式HP(http://www.ypark.co.jp/)
ユアー・パーキングへの
お問い合わせはこちら
三井のリパーク
三井のリパーク
画像引用元:三井のリパーク公式HP(https://www.repark.jp/)
三井のリパークへの
お問い合わせはこちら
タイムズ24
タイムズ24
画像引用元:タイムズ24公式HP(http://www.times24.co.jp/)
タイムズ24への
お問い合わせはこちら
 
▲ページトップ
時間貸し駐車場経営で安定収入のススメ